〒810-0023 福岡市中央区警固2-8-1
TEL:092-751-6484 FAX:092-731-8112
E-Mail:info@seikakai.com
トップページ >会長あいさつ
会長あいさつ
110年の流れの何処かで
精華会会長 熊谷 敏子

福岡は穏やかな三が日で平成29年を迎えました。皆様いかがお過ごしでございましょうか。

昨年末の京都での女子第28回全国高校駅伝大会で4位入賞の陸上部、また新年になり大津市近江神宮での競技かるた大会で、第61期クィーンに輝いた新64回生鶴田紗恵さんの活躍など嬉しい出来事もありました。諦めない粘り強い精神力や、仲間を信じて思いやる心などに勇気と感動を貰いました。青春っていいですね。

さて、皆様ご存知のように1907年(明治40年)創立の母校は本年5月、110周年を迎えます。精華会からはお祝い記念として、学校のご要望をうかがい、生徒さんや利用する方々のお役に立つことを願って、紫苑館1階・2階食堂のテーブルと椅子、券売機3台を寄贈いたしました。

また従来通り5年毎の会員名簿発刊も4月に予定しております。いろいろなご意見もいただきましたが、会の存続、会員の交流のためには必要と考え個人情報の管理に留意して名簿を発刊することにいたしました。調査ハガキへのご協力ありがとうございました。

最近、学校法人筑紫女学園から発行された記念誌など、読み返しました。

「見つめていたのはいつも未来」女子教育から人間教育へ

創立90周年記念誌

「めぐり、出会い、100年。語り、つなぐ、未来。」 創立

100周年記念誌

そして精華会が発行した「創立百周年記念同窓会誌」などです。

先生方が育み下さり、在校生、卒業生が皆んなで繋いできた110年の伝統は、簡単に途切れるものではないと思います。

「建学の精神は」と立派な文章で書けなくても、上手に表現できなくても、警固で数年を過ごした卒業生には、何かが身についていると感じております。時代はそれぞれ違っていても、この110年の流れの何処かでご縁をいただいた私ども約45000人の母校への思いは深いものだと思っております。

終わりになりましたが、お知らせをいたします。就任時からのお約束でしたので、昨年6月12日の総会で任期1年を残して清川久美子さんが副会長を退任されました。長い間ご尽力いただきありがとうございました。後任には新28回の高木彼子さんが就任されました。よろしくお願いいたします。

本年の精華会総会は6月11日、キャナルシティ博多の「グランドハイアット福岡」にて開催いたします。ご出席よろしくお願い申し上げます。

注:平成29年6月20日、副会長 高木彼子(新28回)さんは退任されました。


2017年4月発行「筑紫」60号記載


投稿日時: 2017年09月12日 18:00

名誉会長あいさつ
磨かれた力に期待したい 
名誉会長 小柳 和孝(筑紫女学園中学・高等学校校長)

卒業生の皆様には、日頃から母校へ熱い思いを寄せていただくとともに、教育活動へのご支援とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

昨年末の全国女子駅伝では、一区が転倒に動ぜず各選手が力を出し切っての結束のタスキリレーで4位入賞という躍進を見せた姿に、全国の卒業生の皆様に大きな感動と希望をもたらしたことと存じます。今後もご声援をお願い申し上げます。

また、本年度精華会総会の時に、学校から「筑紫女学園は今〜私たちのスクールライフ〜」と題し、中学校・高等学校の現在の教育状況のプレゼンテーションを行い、さらに高校コーラス部(本年度九州大会出場)の合唱をご披露する機会を得ました。制服姿の後輩の登場を大変喜んでいただきました。

さて、本年度高校1年生から「SBE維持可能なビジネスと環境プログラム」という、英語の新しい授業がスタートしました。現代のキーワードである「維持可能な社会」について、すべて英語を用いて多角的に学び、グループで考え討議しています。ディスカッションやプレゼンテーションを中心に、思考力、協働力、問題解決力を鍛えて、2020年度大学入試に対応し、また、グローバル社会で個性を活かし活躍できる女性の育成を進めています。

校長室の窓から、中庭の紅梅の次に白梅が順番に花を開かせているのが見えます。3月卒業式の時期になると、玄関前の鶯宿梅の古木が見事に開花します。『随処に主となれば、立つ処皆真なり(いつ、どこにあっても主体性を持ってやれば、そこが理想の場となる)』(臨済録)という教えがありますが、まさに春を待つ樹木は、その育つ土地の環境の中で心静かに開花の準備をします。「境遇は選ぶことはできないが、生き方は選ぶことができる。置かれた場所で咲きなさい。」という言葉を故渡邊和子さんは残されました。生徒達が卒業した後も与えられた場で自分自身を磨き活かし、あらゆるご縁を大事にして人生を逞しく生きてもらいたいと、私は願っています。

来年度は学園創立110周年を迎え、精華会の皆様に学校が一層発展し輝く姿をご披露できるよう、教職員一同尽力致します。

卒業生の皆様、どうぞ母校をお訪ねいただき、在校生に激励をしていただければ幸いです。今後の精華会のご発展と卒業生の皆様のご健勝、ご活躍を念じ申し上げます。


2017年4月発行「筑紫」60号記載


投稿日時: 2017年09月12日 18:00

お問い合わせ


天気予報